コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポリシス あぽりしす

世界大百科事典内のアポリシスの言及

【エクジソン】より

…エクジソンにより,DNA,RNA,タンパクの合成や有糸分裂等が刺激・促進される。これらの過程のあと,表皮ではアポリシス(旧クチクラと新クチクラの分離)がおこり,昆虫は脱皮する。幼虫脱皮に際しては体制の変化はないが,蛹(よう)脱皮(変態)時には内部構造を含んだほとんどの組織が変化する。…

【脱皮】より

… 脱皮の過程は甲殻類,昆虫類ともに原則的には同一である。脱皮はクチクラの内層(内クチクラ)の表皮細胞からの剝離(アポリシスapolysis)から始まる。表皮細胞はクチクラ消化酵素(脱皮液)を不活性の状態で分泌し,さらにクチクリンcuticulinおよび原クチクラを分泌し細胞表面を保護する。…

※「アポリシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android