コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロ・ソユーズ共同飛行 アポロソユーズきょうどうひこう

1件 の用語解説(アポロ・ソユーズ共同飛行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アポロソユーズきょうどうひこう【アポロ・ソユーズ共同飛行】

アメリカとソ連(現ロシア)の間で行われた初の国際共同有人宇宙飛行実験。正式にはアポロソユーズ実験計画Apollo‐Soyuz test projectという。1972年5月に調印された,宇宙空間平和利用のための協力に関する米ソ覚書に基づき計画されたもので,その主目的は,将来の米ソ宇宙船ドッキングシステムを研究することにあった。75年7月15日,2人乗りのソ連のソユーズ宇宙船が打ち上げられ,その7時間半後,3人の飛行士を乗せたアメリカアポロ宇宙船が打ち上げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アポロ・ソユーズ共同飛行の関連キーワードイベロアメリカ諸国首脳会議アメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカメキシコ戦争アメリカンアメラシアンGRUアメリカの声(VOA)武家相撲

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone