コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポロ・ソユーズ共同飛行 アポロソユーズきょうどうひこう

1件 の用語解説(アポロ・ソユーズ共同飛行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アポロソユーズきょうどうひこう【アポロ・ソユーズ共同飛行】

アメリカとソ連(現ロシア)の間で行われた初の国際共同有人宇宙飛行実験。正式にはアポロソユーズ実験計画Apollo‐Soyuz test projectという。1972年5月に調印された,宇宙空間平和利用のための協力に関する米ソ覚書に基づき計画されたもので,その主目的は,将来の米ソ宇宙船ドッキングシステムを研究することにあった。75年7月15日,2人乗りのソ連のソユーズ宇宙船が打ち上げられ,その7時間半後,3人の飛行士を乗せたアメリカアポロ宇宙船が打ち上げられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone