コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマラリック あまらりっく

世界大百科事典内のアマラリックの言及

【西ゴート王国】より

… アラリック2世が507年ブイエVouilléの戦で,クロービスの率いるフランク軍に敗れ戦死したとき,王国は崩壊の危機にしたが,東ゴート王国のテオドリック大王の介入によって救われた。しかしアラリック2世の遺児アマラリックAmalaric(501‐531)は,少数のゴート人をガリアの地中海沿岸地域に残しただけで,大部分をイベリア半島のカスティリャに移動させ,王国の中心はイベリア半島に移った。531年のアマラリックの殺害によって,建国以来世襲的に王位を継承してきたバルト王朝は終りを告げる。…

※「アマラリック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android