コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリゾナ隕石孔 アリゾナいんせきこう

1件 の用語解説(アリゾナ隕石孔の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アリゾナいんせきこう【アリゾナ隕石孔】

アメリカ合衆国アリゾナ州の砂漠にある大隕石落下による凹地。直径約1.2キロメートル、深さ180メートル。多量の鉄隕石片などが周辺から採取された。バリンジャー隕石孔。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアリゾナ隕石孔の言及

【バリンジャー隕石孔】より

…この地方のインディアンの間では古くからその存在が知られていたが,白人に注目されるようになったのは19世紀末ころからで,その孔の周辺から大量の鉄隕石片が拾われたこと,その付近に火山性の物質が見あたらないことなどから大隕石の落下によるものとの推測が行われるようになった。特に20世紀の初めに鉱山師のバリンジャーD.M.Barringerがこの孔のまわりの土地を買い取り,熱心に調査を行ってその隕石成因説を主張したことからバリンジャー隕石孔(クレーター)と呼ばれるようになったが,単にアリゾナ隕石孔(クレーター)あるいは近くの峡谷の名からキャニオン・ディアブロ隕石孔(クレーター)と呼ばれることも多い。【村山 定男】。…

※「アリゾナ隕石孔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone