コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルコール幻覚症 あるこーるげんかくしょう

世界大百科事典内のアルコール幻覚症の言及

【アルコール中毒】より

…最も典型的なものは次の三つである。振戦譫妄,アルコール癲癇(てんかん)様痙攣(けいれん)発作,アルコール幻覚症がそれである。振戦譫妄とは,突然の飲酒中断後,意識混濁が生じ,虫やネズミなどが多数現れる小動物幻視,複数の会話調幻聴などを伴う譫妄状態を呈するもので,ときには被暗示性の亢進,眼球を圧迫すると幻視を生じるリープマン現象,日ごろ手なれた仕事をやっているような動作を示す作業譫妄が出現することもある。…

【幻覚症】より

幻覚が前景に出ている病的な精神状態。慢性アルコール中毒などの際に,幻聴がはげしく,それに伴って妄想がみられるような場合をアルコール幻覚症とよんでいる。幻覚では幻聴,幻視が,妄想では被害妄想が主としてみられ,アルコール中毒のほかコカイン中毒,覚醒剤中毒,精神分裂病にもみられる。…

※「アルコール幻覚症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone