コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルゼンチン映画 あるぜんちんえいが

世界大百科事典内のアルゼンチン映画の言及

【ラテン・アメリカ映画】より

…以後のブラジル映画は世界の映画史から後退したまま今日に至る。
[アルゼンチン映画]
 アルゼンチン映画の名を一躍高からしめたのは,レオポルド・トーレ・ニルソンLeopold Torre‐Nilsson(1924‐78)である。アルゼンチンのブルジョア社会を鋭くえぐった《天使の家》(1957)をはじめとする1950年代から60年代にかけての諸作品が,国際映画祭で受賞,〈映画のボルヘス〉とまでいわれて世界的な評価を得た。…

※「アルゼンチン映画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アルゼンチン映画の関連キーワードオフィシャル・ストーリー瞳の奥の秘密中南米映画

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルゼンチン映画の関連情報