コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルデュス あるでゅす

世界大百科事典内のアルデュスの言及

【リュディア王国】より

…前7世紀初頭,ヘラクレス家(ヘラクレイダイ)のカンダウレスKandaulēsから王位を簒奪して即位したメルムナス家(メルムナダイ)のギュゲス(在位,前685ころ‐前657)は,アッシリア王アッシュールバニパルと結んでキンメリア人支配から脱し,安定した王国の地歩を築いた。その後,アルデュスArdys,サデュアッテスSadyattēsの治世を経て,アリュアッテスAlyattēsの時代に,ギリシア植民市を従属下に置き,最も隆盛な時期を迎えた。次王クロイソス(在位,前560ころ‐前546ころ)は,交易に力を入れ,王国はさらに富強となったが,新興のペルシア王キュロス2世との戦いに敗れ,王都サルディスは陥落した。…

※「アルデュス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android