アルトハウス,T.(読み)あるとはうす

世界大百科事典内のアルトハウス,T.の言及

【マイゼンブーク】より

…ヘッセン・カッセルの枢密顧問官を父としてカッセルに生まれ,1834年デトモルトに移住。その地の牧師の子息で,当時ボン大学のキンケルのもとで学んでいたアルトハウスTheodor Althaus(1822‐52)との出会いを契機として民主主義思想に傾倒する。48年革命期には直接の行動はしなかったものの,その行方を熱いまなざしで見つめる。…

※「アルトハウス,T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android