コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルミン ulmin

2件 の用語解説(アルミンの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

アルミン

無定形で暗褐色から黒色の非晶質のゲル物質で,土壌,泥炭,褐炭,ヴィトリナイトvitrinite)の中で,植物質が腐敗分解して形成された有機質物体をいい,アルカリ溶液には不溶である[Thomson : 1817, Stopes & Wheeler : 1918].カーボフミン(carbohumin), ファンダメンタル・ゼリー(fundamental jelly), 基本物質(fundamental substance), ゲローズ(geloes)[Bertrand : 1897], フミン(humin), フモゲライト(humogelite), ベジタブル・ゼリー(vegetable jelly), アルミン酸(ulmic acid)はみな同義.ラテン語ulmasは楡(にれ)(elm)の木の意味.

アルミン

ユーヴィトレイン炭(euvitrain coal)で,ゼリー化しているが植物物質が沈澱したものではない[Stopes : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルミンの関連キーワード非晶質無定形物質アモルファスガラス質結晶質半晶質無定形土壌アルミン沼マンガン鉱黒斑病(レッドトップ)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルミンの関連情報