アルミン(英語表記)ulmin

岩石学辞典の解説

アルミン

無定形で暗褐色から黒色の非晶質のゲル物質で,土壌,泥炭,褐炭,ヴィトリナイト(vitrinite)の中で,植物質が腐敗分解して形成された有機質物体をいい,アルカリ溶液には不溶である[Thomson : 1817, Stopes & Wheeler : 1918].カーボフミン(carbohumin), ファンダメンタル・ゼリー(fundamental jelly), 基本物質(fundamental substance), ゲローズ(geloes)[Bertrand : 1897], フミン(humin), フモゲライト(humogelite), ベジタブル・ゼリー(vegetable jelly), アルミン酸(ulmic acid)はみな同義.ラテン語のulmasは楡(にれ)(elm)の木の意味.

アルミン

ユーヴィトレイン炭(euvitrain coal)で,ゼリー化しているが植物物質が沈澱したものではない[Stopes : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android