アルメニア高原(読み)あるめにあこうげん

世界大百科事典内のアルメニア高原の言及

【カフカス】より

…西部は多雨の亜熱帯気候であるが,東部では乾燥し,アプシェロン半島南岸では年降水量200mm以下である。(4)最南部 小カフカス山脈(最高峰はナヒチェバンの東のカピジク山,3904m)とアルメニア高原になっている。この高原では火山活動が盛んで,アラガツ山(4090m),国境を越えてトルコ側にはアララト山(5165m)がそびえる。…

※「アルメニア高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android