アレクサンダー・フォン・フンボルト財団(読み)あれくさんだーふぉんふんぼるとざいだん

世界大百科事典内のアレクサンダー・フォン・フンボルト財団の言及

【フンボルト】より

…ライフワークの《コスモス――自然学的世界記述の試み》5巻(1845‐62)は,総合的世界像を樹立した古典,自然研究の啓蒙書であり,その膨大な注記は科学史上の資料として再評価される必要がある。 彼の業績を記念して設立されたアレクサンダー・フォン・フンボルト財団は,地理学に限らず広い分野にわたって外国人研究者を招聘するドイツの代表的機関である。【西川 治】。…

※「アレクサンダー・フォン・フンボルト財団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android