コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレスリン あれすりん

世界大百科事典内のアレスリンの言及

【ピレトリン】より

…殺虫力はピレトリンI,IIがシネリン,ジャスモリンより強く,またノックダウン効果は,ピレトリンIがIIより強力である。また,ピレトリンをモデル化合物とした合成ピレスロイドの開発研究が盛んで,アレスリンやレスメスリンなどが開発された。また最近になって,酸部分をも改変したジフルベンズロン,フェノキシカルブ,ブプロフェジンなどのNRDC系やシクロプロパン環を含まないフェンバレラート,さらにはエステル構造を含まないエトフェンプロックスなどのきわめて強力な殺虫剤が開発され,従来主として衛生害虫の防除に利用されていたピレスロイドも農業用殺虫剤として注目されるようになった。…

※「アレスリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレスリンの関連キーワードアレクサンドル カレリンピレスロイド殺虫剤国際レスリング連盟リック フレアーバーン ガニアピレトリン類レスリング石井 庄八八田 一朗鈴木みのる三島ゆたか笹原正三アマレス髙田延彦八田一朗朝倉伸二サンボ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android