コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレッチュ氷河 あれっちゅひょうが

世界大百科事典内のアレッチュ氷河の言及

【アルプス[山脈]】より


[地形,気候]
 ヨーロッパ大陸の南西部を東西に半月形の弧を描いて横たわる大山脈。アルプスは英語での呼称で,フランス語ではアルプAlpes,ドイツ語ではアルペンAlpen,イタリア語ではアルピAlpiと呼ばれる。延長約1200km,幅130~200kmに及ぶ。ザンクト・ゴットハルト峠で山脈を東西に二分すると,東アルプスは西アルプスより多くの山脈に分枝して,幅は広いが高度は低い。総面積は約18万km2で,その40%が西アルプスに,その60%が東アルプスに属する。…

【ユングフラウ[山]】より

…北東に連なるメンヒMönch(4099m),アイガー(3970m)とともにベルナーオーバーラントの3名山。雪原におおわれた山体の南東から,アルプス最大の大アレッチュ氷河(面積113.4km2,延長25km)が流下する。〈処女峰〉を意味するこの呼称は,登頂の困難な山であったことに由来するが,1811年にマイヤー兄弟がそれに成功した。…

※「アレッチュ氷河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アレッチュ氷河の関連キーワードスイスモンテ・ローザ[山]ユングフラウ[山]

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android