コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレマン公国 あれまんこうこく

世界大百科事典内のアレマン公国の言及

【シュワーベン】より

…シュワーベン(アレマン)族の社会は首長(王や小王)制の多数の支族から成っていたが,5世紀に統一へ向かった。しかし,496年フランク王国のクロービスに敗れ,536年には全領域が東ゴートの保護下からフランク王の支配下に入り,以後フランク王の任命する大公に統治されるアレマン公国が建てられた。7世紀には部族法が成立し,キリスト教化が進み,8世紀以降カロリング朝時代には大公制に代わってグラーフシャフト制が導入された。…

※「アレマン公国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android