コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロエニン あろえにん

世界大百科事典内のアロエニンの言及

【アロエ】より

…民間薬のキダチアロエは江戸時代に日本に渡来した。アロエにはアントラキノン系の誘導体のアロインaloinやアロエエモジンaloe‐emodinなど十数種の成分,ベンゾピロン誘導体のアロエシンaloesin,アロエニンaloeninなどが知られる。さらに抗腫瘍性のアロマイシンalomicinも報告されている。…

※「アロエニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android