コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコウの待ち食い あんこうのまちぐい

世界大百科事典内のアンコウの待ち食いの言及

【アンコウ(鮟鱇)】より

…口は非常に大きく,下あごが突出して受け口をなし,上下両あごには内側に倒せる大小不同の鋭い歯が密生しているので,大きな獲物でも的確にとらえることができる。貪食(どんしよく)で知られ,〈アンコウの待ち食い〉ということわざもあるが,実際には海底に静止したまま餌動物の近づくのを待つだけではなく,しばしば中層ないし表層まで泳ぎ上がって回遊性の魚や海鳥を食う。産卵期は春から夏にわたる。…

※「アンコウの待ち食い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android