コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントルメ(菓子)(読み)あんとるめ

世界大百科事典内のアントルメ(菓子)の言及

【デザート】より

…食事の最後のコースに入る前に,いったんテーブルの上のものが片づけられたところから現在の意味に転じた。チーズのあとの甘み〈アントルメentremets〉としては,小麦粉の生地を用いたケーキ類,アイスクリームやシャーベットなどの氷菓,チョコレート菓子やプティ・フール(一口菓子)などのほか,レストランでは料理人が作る菓子〈アントルメ・ド・キュイジーヌentremets de cuisine〉とされているババロアスフレ,ブラマンジェ,ゼリープディングクレープ,果物のコンポートなどが前の料理とのバランスと各人の好みで選ばれる。【辻 静雄】。…

※「アントルメ(菓子)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報