コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントーノフ,A.S. あんとーのふ

世界大百科事典内のアントーノフ,A.S.の言及

【アントーノフの反乱】より

…ロシア南西部,中央農業地帯のタンボフ県で1920年夏から21年夏にかけて起こった大規模な反ソビエト農民反乱で,内戦後半期の農民反乱の一つ。アントーノフAleksandr S.Antonov(1888‐1922)は1906年以来のエス・エル党員でこの反乱の指導者。タンボフ県は中央農業地帯のリャザン県,ボルガ中流域のカザン県,ペンザ県とならんで十月革命以前から農民運動の盛んな地域であり,また内戦を通じてきびしい穀物徴発(1918‐21)の行われた所である。…

【タンボフ】より

…19世紀末にモスクワ~サラトフ間の鉄道が当地を通り,穀物・家畜の交易で発展した。伝統的に農民運動が盛んで,1918年にソビエト権力が樹立されたが,20年8月,同市近郊のキルサーノフ郡カメンカ村でソビエト政府の食糧政策への反対を契機に,A.アントーノフを指導者とする農民反乱が発生。翌年夏まで農民は数万人規模のパルチザン闘争を行い,多数の死傷者を出した(アントーノフの反乱)。…

※「アントーノフ,A.S.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android