コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンナハチドリ あんなはちどり

世界大百科事典内のアンナハチドリの言及

【ハチドリ(蜂鳥)】より

…公園や林縁にすみ,冬季には中央アメリカに渡る。アカノドハチドリに似ているが雄ののどが紫黒色のノドグロハチドリA.alexandriや雄の頭部全部がバラ赤色に輝くアンナハチドリCalypte annaは,合衆国西海岸でふつうに見られる。 ハチドリ類は,アマツバメ類とともに,飛行生活に高度に適応した鳥で,両者はいっしょにアマツバメ目に分類されているが,ほんとうに類縁関係があるのかどうかははっきりしていない。…

※「アンナハチドリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android