コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーティフィシャルクライミング あーてぃふぃしゃるくらいみんぐ

世界大百科事典内のアーティフィシャルクライミングの言及

【ロッククライミング】より

…確保支点は,小さな岩の割れ目(クラック)にピトンpiton(頭部に輪をもった鉄釘,ハーケンともいう)を打ち込んでカラビナを掛けるのが一般的で,この2種の用具に打込み用のハンマーを加えて岩登り用の三つ道具と呼ぶ。戦後発明された埋込みボルトは,クラックのない垂直の岩壁や岩びさし(オーバーハング)にも確保支点をつくることができるため,2本のザイルでつり上げ確保されたトップが,あぶみを利用して困難なルートを次々に開拓することができたが,このように,用具を登攀の手段として積極的に使う方法を人工登攀(アーティフィシャルクライミングartificial climbing)という。現在,クラックの形状に応じて適当な大きさのクライミングナッツ(チョック)やフレンズを差し込んで,自在に働く複数のカムの力でビレーイングピンとして強い効果を上げる器具が開発され,登攀者の技術によって多様に機能し,また,回収も容易で何度でも使用でき,岩壁に破壊や変形の跡を残さずに済むために,使用者が急増している。…

※「アーティフィシャルクライミング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報