コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーディル・シャー あーでぃるしゃー

世界大百科事典内のアーディル・シャーの言及

【アフシャール朝】より

…しかし,この偉大な征服者も,内政面では国民に重税を課したり,中央集権化を策したり,シーア派とスンナ派の協調を図るなど数々の失敗を犯した。47年彼が暗殺されたのち即位した甥のアーディル・シャー‘Adil Shah(在位1747‐48)は無能で,王位をめぐる内訌が続いた。ために,同王朝は急速に衰えた。…

※「アーディル・シャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アーディル・シャーの関連キーワードビジャヤナガル王国ビジャープール王国アウラングゼーブビジャープル王国ムスリム五王国シャンブージーゴル・グンバズマラーター同盟ゴア(インド)ビジャープルフィリシュタマラータ王国バフマン朝シバージービーダル

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android