コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーディル・シャー あーでぃるしゃー

世界大百科事典内のアーディル・シャーの言及

【アフシャール朝】より

…しかし,この偉大な征服者も,内政面では国民に重税を課したり,中央集権化を策したり,シーア派とスンナ派の協調を図るなど数々の失敗を犯した。47年彼が暗殺されたのち即位した甥のアーディル・シャー‘Adil Shah(在位1747‐48)は無能で,王位をめぐる内訌が続いた。ために,同王朝は急速に衰えた。…

※「アーディル・シャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーディル・シャーの関連キーワードビジャープール王国ビジャヤナガル王国アウラングゼーブビジャープル王国ムスリム五王国マラーター同盟シャンブージーゴア(インド)ゴル・グンバズマラータ王国ビジャープルフィリシュタバフマン朝シバージービーダル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android