コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーラニヤ あーらにや

世界大百科事典内のアーラニヤの言及

【寺院建築】より

…仏教のための建築群で,本来は僧尼の組織を伴う。仏教がインドで成立した当初は,仏陀を中心とした僧団の住舎に大衆集会の広場をもち,サンガーラーマsaṃghārāma(僧園,衆園(しゆおん)),アーラニヤāraṇya(寂静処)などと呼ばれた。後,仏陀の墓を示すストゥーパstūpaを中央に置き,周囲に僧房がある形となる。…

※「アーラニヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーラニヤの関連キーワードベーダ(インドの聖典)ヤージュニャバルキヤネーティ・ネーティヤジュル・ベーダウパニシャッドベーダ文学吠陀・韋陀インド文学シャンカラバラモン教サンヒターヴェーダ寺院建築ベーダオーム口伝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android