コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーラープティ あーらーぷてぃ

世界大百科事典内のアーラープティの言及

【インド音楽】より


[カルナータカ音楽とヒンドゥスターニー音楽]
 地理,風土,言語,歴史などの違いから,現代インドの古典音楽は,カルナータカ音楽(南インド)とヒンドゥスターニー音楽(北インド)とに大別されるが,実際の演奏は伴奏者を伴った独奏・独唱によるラーガの表現であることに変りはない。イスラム教徒侵入の影響によって,ガーンダルバの伝統はとだえたが,楽曲形式においては,侵入当初の13世紀に書かれた理論書《サンギータ・ラトナーカラ》(〈音楽の宝庫〉の意)にみられるアーラープティālāpti(即興演奏)の形式が,南北両派ともに踏襲されている。アーラープティはラーガ・アーラープティ(ターラなしでラーガのみによる即興の部分)とルーパカ・アーラープティ(打楽器によるターラとの共演の部分)とに分けられる。…

※「アーラープティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報