コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーンドラ朝 アーンドラちょう

百科事典マイペディアの解説

アーンドラ朝【アーンドラちょう】

サータバーハナ朝

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アーンドラちょう【アーンドラ朝】

〔 Āndhra〕 紀元前三世紀末頃から紀元後三世紀初めにかけてインドのデカン高原から南西海岸一帯を支配した王国。ドラビダ系。ローマとも海上交易を行なった。仏教が興隆し、多くの遺跡がある。サータバーハナ朝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーンドラ朝
アーンドラちょう

サータバーハナ朝」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アーンドラ朝の関連キーワードアマラーバティー遺跡彫刻アマラーバティーデカン高原カーンバ朝ドラビダハーラ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android