アーンドラ朝(読み)アーンドラちょう

大辞林 第三版の解説

アーンドラちょう【アーンドラ朝】

〔 Āndhra〕 紀元前三世紀末頃から紀元後三世紀初めにかけてインドのデカン高原から南西海岸一帯を支配した王国。ドラビダ系。ローマとも海上交易を行なった。仏教が興隆し、多くの遺跡がある。サータバーハナ朝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android