コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーンドラ朝 アーンドラちょう

3件 の用語解説(アーンドラ朝の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アーンドラ朝【アーンドラちょう】

サータバーハナ朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

アーンドラちょう【アーンドラ朝】

〔 Āndhra〕 紀元前三世紀末頃から紀元後三世紀初めにかけてインドのデカン高原から南西海岸一帯を支配した王国。ドラビダ系。ローマとも海上交易を行なった。仏教が興隆し、多くの遺跡がある。サータバーハナ朝。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーンドラ朝
アーンドラちょう

サータバーハナ朝」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone