コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェンゼン,P. いぇんぜん

世界大百科事典内のイェンゼン,P.の言及

【ギルガメシュ叙事詩】より

…ピンチェスT.G.Pinchesが90‐91年にこの名をギルガメシュと読んだ。こののち欧米各国で研究が行われ,イェンゼンP.Jensenはこれを独訳するとともに,世界各国の神話とこの叙事詩を比較した大著を公刊し,バビロニアを古代文明の源泉とする〈汎バビロニア説〉を強調した。その後,古バビロニア語版断片や,この叙事詩の原型であるシュメール語版断片が発見された。…

※「イェンゼン,P.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone