コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェール星表 いぇーるせいひょう

世界大百科事典内のイェール星表の言及

【シュレシンジャー】より

…その間に彼の方法の普及によって,三角視差を測定された星の数は数百から数千にまで増加した。シュレシンジャーはアレゲニー天文台では口径76cm,焦点距離14m(口径比18.6)の長大な屈折望遠鏡を建設し,イェール大学天文台の時代には口径66cmの屈折望遠鏡を南アフリカのヨハネスバーグにつくり,撮影乾板から多数の星の位置と固有運動を測定して,全15巻に15万の星を収めたイェール星表Yale Zone Catalogueを出版した。32年から35年まで国際天文学連合会長を務め,広く国際的にも活躍した。…

※「イェール星表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イェール星表の関連キーワードフランク シュレシンジャー