コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イカスバルセタ,C.G. いかすばるせた

世界大百科事典内のイカスバルセタ,C.G.の言及

【メソアメリカ】より

… メソアメリカ文化の研究は,まずスペインによる征服直後から収集された情報の記録を最初とするが,それらの記録はF.J.クラビヘロらによってようやく18世紀に分析・研究が開始された。19世紀にはラミレスFernando Ramírez,チャベロAlfredo Chavero,イカスバルセタCarlos García Icazbalcetaらが精力的に古文献の発見,研究,出版を行った。19世紀後半以降は各専門分野のより科学的な調査・研究が展開されてきた。…

※「イカスバルセタ,C.G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android