コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イガラ いがら

世界大百科事典内のイガラの言及

【ヌペ族】より

…ヤムイモ,モロコシ,トウモロコシ,キャッサバなど森林性とサバンナ性の両方の栽培植物をもつ農耕民であるが,鉄鍛冶の技術にもたけ,また商業民として広い交易圏をもち続けている。ヨルバ族,バリ族,イガラ族などの諸民族と同様に,ヌペ族の社会は16世紀以来聖なる王をもつ王国を形成し,17~18世紀にはサハラ砂漠を越える交易の一部,とくに南の森林部と北のボルヌー,ハウサなどとの広域交易ルートを結ぶ要衝にあって,経済的発展を遂げた。また周囲の小国との戦争を通じて,奴隷交易の一翼をも担っていた。…

※「イガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イガラの関連キーワードワタフキカイガラムシアンコーレ王国黒色黒星介殻虫柏槇木葉介殻虫紅葉綿硬介殻虫石南木葉介殻虫黄色綿吹介殻虫仙人掌白介殻虫水蝋蝋硬貝殻虫肉豆蔲長介殻虫大草鞋介殻虫林檎蠣介殻虫矢根長介殻虫鳶色円介殻虫樫偽球介殻虫球介殻象鼻虫彦山長介殻虫棕櫚円介殻虫梨白長介殻虫大綿粉介殻虫

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android