コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イギリス領インドシナ いぎりすりょういんどしな

世界大百科事典内のイギリス領インドシナの言及

【インドシナ】より

…狭義ではかつてフランスの支配下におかれたベトナム,カンボジア,ラオスの3国のみを指すが,これは〈フランス領インドシナ連邦〉(1887‐1945)の略である。ちなみにフランス人は独立前のミャンマーを〈イギリス領インドシナ〉と呼んでいた。 インドシナには一つを除きいずれもチベット東部に源を発する5本の大河――ソンコイ(ホンハ,紅河),メコン,メナム(チャオプラヤー),サルウィン,イラワジ――が流れ,それぞれの流域平野を中心に多彩な文明を発達させている。…

※「イギリス領インドシナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android