コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスマーイール広場 いすまーいーるひろば

世界大百科事典内のイスマーイール広場の言及

【カイロ】より

…旧市街には,フスタートにあるカイロ最古のアムルのモスク(642建設)をはじめ,イブン・トゥールーン,スルタン・ハサン,アズハル,ムハンマド・アリーなど数百のモスクが集中しており,観光客向けのスーク(市)やみやげ物製造所と,織物,香料,靴などの問屋街が多く,住民は中下層である。新市街は,1952年のエジプト革命後タハリール(解放)広場と改名されたナイル川に近い広場(もとイスマーイール広場)から,放射状に整然とした街区が展開しており,広場より南東のルーク門のあたりに政府機関が集中し,北東部が繁華街とビジネス・センターになっている。第1次世界大戦後発達した紡績・食品その他の軽工業は市の北部に比較的多いが,第2次世界大戦後,とくにエジプト革命後に建設された,ヘルワーンの製鉄所をはじめとする鉄道車両,自動車,造船,化学肥料,石油化学などの重化学工業は,おおむね市の周縁部に立地している(図)。…

※「イスマーイール広場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イスマーイール広場の関連キーワードタハリール広場

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android