コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム三彩 いすらむさんさい

世界大百科事典内のイスラム三彩の言及

【唐三彩】より

…そうなると造形も釉調もかつてのような豊麗さはなく,新様式にそって再生されることとなったが,華麗なる展開はみられない。この時期の三彩は他の焼物と同じように外国に輸出され,盛唐三彩が渤海,新羅(新羅三彩),日本(奈良三彩)など近隣諸国で模倣されたのに対して,遠く西アジアの陶芸に大きな影響力をもち,かの地にイスラム三彩をうむ契機となった。唐三彩の窯は洛陽市の東郊,鞏県大黄冶・小黄冶に発見されており,この窯は盛唐・晩唐の両三彩をつづいて焼造しているようであるが,このほかにも知られざる窯が長安(西安)や洛陽市近郊にあると予想される。…

※「イスラム三彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone