コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム三彩 いすらむさんさい

世界大百科事典内のイスラム三彩の言及

【唐三彩】より

…そうなると造形も釉調もかつてのような豊麗さはなく,新様式にそって再生されることとなったが,華麗なる展開はみられない。この時期の三彩は他の焼物と同じように外国に輸出され,盛唐三彩が渤海,新羅(新羅三彩),日本(奈良三彩)など近隣諸国で模倣されたのに対して,遠く西アジアの陶芸に大きな影響力をもち,かの地にイスラム三彩をうむ契機となった。唐三彩の窯は洛陽市の東郊,鞏県大黄冶・小黄冶に発見されており,この窯は盛唐・晩唐の両三彩をつづいて焼造しているようであるが,このほかにも知られざる窯が長安(西安)や洛陽市近郊にあると予想される。…

※「イスラム三彩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone