イスラム世界会議(読み)いすらむせかいかいぎ

世界大百科事典内のイスラム世界会議の言及

【パン・イスラム主義】より

ラシード・リダーの《マナール》誌の活動は,カリフ制なき後のイスラム世界統合の希求に支えられていた。 第2次世界大戦後では,一時パキスタンが明確にパン・イスラム主義をうたい,イスラム世界会議Mu’tamar al‘Ālam al‐Islāmī(1926年メッカで創設,31年以降アミーン・アルフサイニーを議長としてエルサレムに本部を置いた)の本部をカラチに移した。ナーセル政権下のエジプトでは,ムスリム同胞団を禁圧しつつも,アズハル大学を通じて世界のイスラム教徒への働きかけがなされた。…

※「イスラム世界会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android