コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム刺繡 いすらむししゅう

世界大百科事典内のイスラム刺繡の言及

【刺繡】より

…形式は北欧風,技法はオリエントのイスラム系で,芸術性の高い作品である。1100年ころには金糸を使用するイスラム刺繡が盛んで,当時の代表的なものには,1116年スペインのアルメリアで作られた聖トマス・ベケットの法衣,1134年,シチリア島のパレルモで作られた皇帝戴冠式のマントなど,絹地に金糸や毛糸でチェーンステッチなどを刺し,真珠や宝石をはめ込んだ豪華なものがある。1200年ころには糸抜き細工のドロン・ワークが起こり,1300年ころには白糸刺繡なども加わった。…

※「イスラム刺繡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報