コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム社会 いすらむしゃかい

世界大百科事典内のイスラム社会の言及

【イスラム】より

…これに対して,パレスティナ人の運動の間では,明確な脱宗教の非宗派主義の立場がイスラム国家論を積極的に克服し止揚するものとして打ち出されるようにもなってきた。【板垣 雄三】
【イスラム社会】

[遊牧民,商人,農民]
 ジャーヒリーヤと呼ばれるイスラム以前のアラビア半島では,メッカやメディナなど一部の定住地域を除けば,概してベドウィンによる遊牧生活が支配的であった。彼らは小さな家族集団ごとに一定の水場を移動してラクダ,ヤギ,羊などの家畜を飼養し,戦争や飢饉が起こればより大きな血縁集団を組織して非常事態に対処した。…

※「イスラム社会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イスラム社会の関連キーワードベナジル・ブット国際空港アスネ セイエルスタッドアヤーン・ヒルシ アリハラスルターンテッケムジャヒディンハルクシュウービーヤ運動キルギスとイスラムアブー・ウバイダラジャ・ソリマンムスリム同胞団マリアマ・バーバレンシア王国アブー・バクルサヌーシー教団マルワーン1世イルティザームイスラム復興ディーナールイスラム金融ファンダンゴ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イスラム社会の関連情報