コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア・ルネサンス いたりあるねさんす

世界大百科事典内のイタリア・ルネサンスの言及

【ルネサンス】より

…ルネサンスによって再発見された,このような人間性と理性の尊重と,その成果としての学問・芸術は,ヨーロッパ近代精神の出発点をなしたものと解されている。〈ルネサンス〉の語そのものは,19世紀フランスの歴史家J.ミシュレが歴史学用語として使用して広まり,これに次いでスイスの歴史家J.ブルクハルトが,《イタリア・ルネサンスの文化》(1860)において豊かに意味づけを行ったものである。歴史用語として,日本では〈文芸復興〉と訳されたこともある。…

※「イタリア・ルネサンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イタリア・ルネサンスの関連キーワードワシントン・ナショナル・ギャラリー杉浦明平(1913~2001)ベンヴェヌート チェッリーニカトリーヌ・ド・メディシスフィッツウィリアム美術館ナショナル・ギャラリージェファソン・シティロッセリーノ[兄弟]デトロイト美術研究所ボルジア 欲望の系譜エーベルハルト5世ジュリオ・ロマーノコンドッティエーレサンガロ[一族]ファン・オルレイボッティチェリザモシチ旧市街ティントレットメタスタージオリッピ[父子]

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イタリア・ルネサンスの関連情報