イタリア号(読み)いたりあごう

世界大百科事典内のイタリア号の言及

【北極】より

…この間に多くの科学調査がなされた。このとき同行した若い海氷学者マルムグレンFinn Malmgren(1895‐1928)は,のちに飛行船イタリア号の探検に参加,死亡した。 このころから航空機の発達時代に入り,第1次大戦を経て技術的進歩をとげた。…

※「イタリア号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android