イチリンソウ属(読み)いちりんそうぞく

世界大百科事典内のイチリンソウ属の言及

【イチリンソウ(一輪草)】より

…北海道産のものは,葉の欠刻片の幅が広く,果柄が短く,エゾノハクサンイチゲA.narcissiflora L.var.sachalinensis Miyabe et Miyakeという。 イチリンソウ属Anemoneは約150種を含み,世界中に分布しているが,熱帯にはまれで山地に限られ,日本には12種がある。有毒のものや,民間薬として利用されるもの,観賞用にされるもの(アネモネなど)があるが,ニリンソウのように食用に供されることもある。…

※「イチリンソウ属」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android