イッサ族(読み)いっさぞく

世界大百科事典内のイッサ族の言及

【ジブチ】より

…地形性降水にやや恵まれる1000m以上の高所の一部に,ネズ,マキなどの疎林がみられるが,1000m以下の低所では,アカシア,ユーフォルビアのまばらなブッシュが卓越し,雨季にのみ水の流れるワジ沿いにこれらは密度を増し,タマリクスなどを交える。【戸谷 洋】
[住民,社会]
 北部のクシ系のアファル族Afarと,南部のソマリ系のイッサ族Issaが住民構成を二分しているが,アラブ,ヨーロッパ人も居住している。本来,遊牧民のアファル族はエチオピア北東部に,またイッサ族はソマリアに,それぞれまたがって居住している。…

※「イッサ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android