コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトフジマツ いとふじまつ

世界大百科事典内のイトフジマツの言及

【フジマツモ】より

…臭素化合物を含むことが知られ,太平洋戦争中は臭素資源として盛んに採取された。似た種類にイトフジマツモN.munita (Perest.) MasudaやホソバフジマツモRhodomela teres (Perest.) Masudaなどがある。前種は対馬海流,宗谷海流および津軽海流の影響をうける沿岸に分布し,茎の周囲に短いとげ状の小枝がないことで,後述の種は北海道やサハリンに分布し,茎の周囲に密生するとげ状の小枝が1cm以上の長さになることで,それぞれ区別できる。…

※「イトフジマツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イトフジマツの関連キーワードフジマツモ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android