コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イドリミ王 いどりみおう

世界大百科事典内のイドリミ王の言及

【アララク】より

…それは後のシリア式宮殿建築(ビト・ヒラニ式)の原型とされる。次に有名なのは,イドリミ王(ミタンニ時代,在位,前1480‐前1450ころ)の城塞つき大宮殿や神殿(第4層)である。この王の碑文付座像が残っている。…

※「イドリミ王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報