イナワシロツボミゴケ(読み)いなわしろつぼみごけ

世界大百科事典内のイナワシロツボミゴケの言及

【ツボミゴケ】より

…チャツボゴケJ.vulcanicola (Schiffn.) Steph.は温泉の付近に多く,硫黄を含んだ水中に黄緑色~赤褐色の大群落をつくる。イナワシロツボミゴケJ.nipponica (Sak.et Takah.) Hatt.は水中に生じ,猪苗代湖ではまれにマリゴケをつくる。Jungermanniaはリンネのつくった属で,19世紀中ごろまでは茎と葉の分化した苔類(今日のウロコゴケ目Jungermanniales)の大部分の種がこの属に入れられていた。…

【マリゴケ(毬蘚)】より

…この湖底の群落は1935年に〈猪苗代湖ミズスギゴケ群落〉として国の天然記念物に指定された。猪苗代湖では苔類のイナワシロツボミゴケJungermannia nipponica (Sak.et Takah.) Hatt.のマリゴケも記録されている。北海道の屈斜路湖では蘚類のクッチャロカギハイゴケDrepanocladus fluitans (Hedw.) Warnst.var.kutcharokensis Kandaが同様な成因で馬糞状のマリゴケをつくる。…

※「イナワシロツボミゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android