コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イナワシロツボミゴケ いなわしろつぼみごけ

世界大百科事典内のイナワシロツボミゴケの言及

【ツボミゴケ】より

…チャツボゴケJ.vulcanicola (Schiffn.) Steph.は温泉の付近に多く,硫黄を含んだ水中に黄緑色~赤褐色の大群落をつくる。イナワシロツボミゴケJ.nipponica (Sak.et Takah.) Hatt.は水中に生じ,猪苗代湖ではまれにマリゴケをつくる。Jungermanniaはリンネのつくった属で,19世紀中ごろまでは茎と葉の分化した苔類(今日のウロコゴケ目Jungermanniales)の大部分の種がこの属に入れられていた。…

【マリゴケ(毬蘚)】より

…この湖底の群落は1935年に〈猪苗代湖ミズスギゴケ群落〉として国の天然記念物に指定された。猪苗代湖では苔類のイナワシロツボミゴケJungermannia nipponica (Sak.et Takah.) Hatt.のマリゴケも記録されている。北海道の屈斜路湖では蘚類のクッチャロカギハイゴケDrepanocladus fluitans (Hedw.) Warnst.var.kutcharokensis Kandaが同様な成因で馬糞状のマリゴケをつくる。…

※「イナワシロツボミゴケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone