コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イニャンガニ[山] いにゃんがに

世界大百科事典内のイニャンガニ[山]の言及

【ジンバブウェ】より

…ハイ・ベルトの両側には標高900~1200mのミドル・ベルトが広がり,北境部と南境部は900m以下のロー・ベルトとなる。東部のモザンビークとの国境部には1800mをこえる山地があり,イニャンガ山地のイニャンガニ山(2592m)は国内の最高点となり,チマニマニ山地のビンガ山(2436m)と対峙(たいじ)する。なお両山地とも国立公園に指定されている。…

※「イニャンガニ[山]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android