コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブラーヒーム(アーザル) いぶらーひーむ

世界大百科事典内のイブラーヒーム(アーザル)の言及

【アブラハム】より

…アブラハムは〈信仰の父〉として,新約聖書においても尊敬をもって想起されている。【並木 浩一】
[イスラムにおけるアブラハム]
 アブラハムは,コーランではアーザルの息子イブラーヒームIbrāhīm b.Āzarと呼ばれ,モーセに次いで2番目に多くその名を記されている。コーランはアブラハムについて,およそ次のように記す。…

※「イブラーヒーム(アーザル)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報