コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルアシュアスの乱 いぶんあるあしゅあすのらん

世界大百科事典内のイブン・アルアシュアスの乱の言及

【ウマイヤ朝】より

…かつてのアラブの伝統的部族会議であるシューラー(部族の長老会議)やウフード(地方代表者会議)も有名無実となり,カリフの自由意志によって総督の任免がなされるようになった。その反面,政府とアラブ・ムカーティラとの利害の対立が増大し,イブン・アルアシュアスの乱(700)が起こった。イラク総督ハッジャージュ・ブン・ユースフは,イラクのムカーティラ統御のため軍営都市ワーシトを建設し,ここにシリアのアラブ・ムカーティラを常駐させた。…

※「イブン・アルアシュアスの乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・アルアシュアスの乱の関連キーワードハッジャージュ・ブン・ユースフハッジャージュ・ブン・ユースフ