コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・マーリク いぶんまーりく

世界大百科事典内のイブン・マーリクの言及

【アラブ文学】より

…ただカイロを中心としてアッバース朝期までの諸学の集成は盛んに行われ,百科事典編さん期としての特色を持っている。代表的なものにはイブン・マンズールIbn Manẓūr(1233‐1311∥12)の《アラビア語大辞典Lisān al‐‘Arab》,イブン・マーリクIbn Mālik(1204ころ‐73)の《韻文による文法書al‐Alfīya》,イブン・ハッリカーンの《名士没年録‘Wafāyāt al‐A‘yān》,カルカシャンディーウマリーらの百科全書的著作,マクリージーの《地誌》,イブン・バットゥータの旅行記などがある。これらの成果の基礎として,タバリーらの歴史学,ヤークートに代表される地理学などの知的蓄積がすでに前代から開始されていた。…

※「イブン・マーリク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone