コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・ワハブ いぶんわはぶ

世界大百科事典内のイブン・ワハブの言及

【アブー・ザイド・アッシーラーフィー】より

…東方への熱烈なしかも学究的な興味のゆえに,商人,旅行者からの情報を収集して,中国,インドに関する記録《シナ,インド物語》(916ころ)を著した。本書には851年ころインド,中国への航海を記した商人スレイマンの記録,870年シーラーフから時の中国の都Khumdan(長安)に到着したイブン・ワハブの見聞等が収められている。歴史家マスウーディーは916年に著者から中国に関する多くの情報を得たと記している。…

※「イブン・ワハブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イブン・ワハブの関連キーワードアブー・ザイド・アッシーラーフィー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android