コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボクラゲ いぼくらげ

世界大百科事典内のイボクラゲの言及

【クラゲ(水母)】より

…エフィラを放して残ったポリプの基部は,再び大きくなってストロビラになり,エフィラ幼生を放出する。しかし,タコクラゲやイボクラゲ,アマクサクラゲなどではエフィラは1個のみしかできない。ジュウモンジクラゲ類は着生したプラヌラから直接小型のクラゲになり,またオキクラゲはプラヌラが直接エフィラになってクラゲになる。…

※「イボクラゲ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イボクラゲの関連キーワードハナビラウオエビクラゲ蝦水母

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android