イマーラ(読み)いまーら

世界大百科事典内のイマーラの言及

【勧農】より

…古くから行われた宮中の籍田,親蚕の儀式も勧農の意味あいをもち,宋~清時代《耕織図》がえがかれたのも同じ意味をもっている。【谷川 道雄】
【イスラム社会】
 イスラム社会では勧農をイマーラ‘imāraといい,これは元来居住や耕作を良好な状態にすることを意味した。イスラムの教えによれば,善政をしいてイマーラを行い,民生の安定と繁栄(マスラハ)を維持することは神の道にかなう行為(ハイル)であるとみなされる。…

※「イマーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android