コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イリー,R.T. いりー

世界大百科事典内のイリー,R.T.の言及

【コモンズ】より

T.ベブレンとともに制度学派の始祖。オハイオ州に生まれ,オバーリン大からジョンズ・ホプキンズ大大学院に進み,歴史学派の流れをくむ経済学者イリーRichard T.Ely(1854‐1943,アメリカの経済学者,制度学派の先駆者)の指導のもとで社会改良主義的経済思想を学んだ。1892年以降ウェズレヤン大をはじめいくつかの大学で経済学等を教えるが,その懐疑主義的・進歩主義的思想傾向のために98年大学を追放された。…

※「イリー,R.T.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android