コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシ沖引網 いわしおきびきあみ

世界大百科事典内のイワシ沖引網の言及

【網漁業】より

…船引網でも同様に網の大規模化やろくろ使用がみられた。たとえば筑前地方のイワシ沖引網では漁船4隻,乗組員36人を要するものがあったが,それにも船腹に備え付けたろくろによって網を引き上げていたものがあった。地引網は最も主要な大規模漁網の一つとして発達したが,明治期にはそのピークが過ぎて九十九里の地引網をはじめ,その衰退過程を示すものが少なくなかった。…

※「イワシ沖引網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android